赤帽引越し見積もり

姉妹揃っての引っ越しの時の概要

徳島の実家から高松市内に引っ越ししたことがあります。妹も徳島から京都府内に引っ越ししたことがあります。
両方で大活躍したのが三菱自動車のディオンという7人乗りの車です。それに積めるだけ積んで、5往復位しました。両件共に。
そのディオンは本当になくてはならない乗り物で、行って帰って来るを本当に何回したでしょうか?
仕事の物販運びもディオン様様でしたので、廃車になった今でも一番思い入れある車です。
私の高松市内への引っ越しは「あるものを使おう」というコンセプトで、机や食器棚などをリライトして研磨をかけてDIYで塗り直し、また研磨をかけて
ファブリックで工夫して古いものだと分からないようにしました。
曾祖母が使用していた机や嫁いだ叔母の絵画フレーム、母の使用していない嫁入り道具などをかき集めて徳島から高松へ持って行きました。
良くディオンに乗ったなぁと今更ながらに感心致します。
妹の京都から徳島に帰る時の引っ越しも記憶に良く残っております。
その時は引き払う時でしたので何往復も出来ず、母と私と妹3人で片づけ、ディオンに乗るものだけをコンパクトにまとめ、要らない物は後輩や新入生にあげて
しまい、最終手段として布団などはいつも懇意にしている宅急便屋さんにお願いして運んでもらうことにしました。
人にものをもらってもらう事の苦労をその時にしみじみと感じました。

 

 

業者さんにお願いしたことはありませんが、自力で全て片づける!という母の精神は私にも妹にも受け継がれることだと思います。
今回のような引っ越しであれば赤帽さんに頼むのもひとつの手だったかも知れませんね。